奇跡講座のワークブック。の341番目

蓮

今日は、「奇跡講座ワークブック 」は341(リンク先は大内先生翻訳のナチュスピ版です☆)

いよいよ「奇跡とは何か」というところに来ました!
最後は「私とは何か」で、言葉に対する説明は終了。
終わっても終わらないと分かっていますが、やはり楽しみです。

昨日のワークショップでコオさんからすべての人にカードを渡されました。
そのカードにはレッスン93の中核となる一言が書かれていました。

あなたに罪はないということは、神に保証されている。

今日のレッスンもつながりがあるように感じます。

私たちは、バラバラの個になっているように見える私自身を攻撃します。
その理由は「その人には罪があるように見えるから」。
実際には分離は起こっておらず、自分を自分で攻撃しているだけです。

攻撃をやめる理由としては、
自分自身を攻撃するのは、バカらしいからやめよう。というのが一つ。
それでも、攻撃してしまう時もあります。

誰もが起こったことに対し罪悪感をいだき、自分を責めたことがあるでしょう?
そういう時は、バカらしい、と思っても自分への怒りのようなものが立ち上がり、
簡単に攻撃をやめることができなくなります。

そこで今日のレッスンは、その部分を救ってくれます。
「私を守ってくれるもの、それは私には罪がないこと。」
何も起こっていないのだから、罪悪感を感じる原因は生じていません。
だから、私たちには罪がない、ということを真理だと受け止められるのです。

そして、このことは「神によって保証されて」います。
私たちを創造した神によって、このことは永遠に保証されています。

私自身を裁く必要もなく、周りの人や、起こった出来事を裁く必要もありません。
そういう風に実践しつづけることができたとき、兄弟たちのことを
ようやくベールを上げて、正面からまっすぐに見つめることができるような気がします。

真実を見たい、
そう心に強く思い続けて、今日も実践に励みましょう。
私たちの無罪性を攻撃することをやめることができますように。

***
奇跡講座にもとづくヒーリング
ピースフルヒーリング 108star

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク