奇跡講座のワークブック。の320番目

梅雨

今日は、「奇跡講座ワークブック 」は320(リンク先は大内先生翻訳のナチュスピ版です☆)

1レッスン分のアップはしましたが、週末「奇跡講座/コース」から離れて過ごしました。
家族以外と会うこともなく、ネットも殆どしなかったので、心は比較的穏やかに過ごすことができました。

そういう週末を何回か過ごしてみて、
「気にしていなければ、スッキリ忘れてしまう」ということに気が付きました。
私の中には奇跡講座がどっかりと根付いてはいないようで、
その日のレッスン内容まで忘れてしまうようです。

奇跡講座/コースを実践していくのは、やはり【本人の継続的な意思が必要】なのだな、と反省中。
どこかに「あなたのほんの少しの意思が必要」とあったような気がしますが、
それは精霊の側からみて「ほんの少し」なのかもしれません。
序の口段階にある私にとっては、かなり自分に律するような意思がないと難しい。

精霊と共に歩む、ということについても、日々そういう選択をしていかないと、
いつの間にか精霊に尋ねることを忘れてしまっています。
「神の使者」で「コーヒーを飲んでいいかなどは尋ねなくてもいいけど、重要なことは尋ねなさい」とアーテンが語っていましたが、実際に生活している中で、最初のうちはすべて尋ねてもいいかもしれません。
まずは習慣づけることが大切なのでしょうから。

精霊と共に歩む、
レッスンを実践していく。(+テキストを読むこと)
この2点は欠かせないものですし、これ以外はしなくてもいいでしょう。
私も反省するいい機会になりました。
***
おかげさまで108starは5周年を迎えました。
奇跡講座にもとづくヒーリング
ピースフルヒーリング 108star

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク