奇跡講座のワークブック。の304番目

おはなばたけ

今日は、「奇跡講座ワークブック 」は304。(リンク先は大内先生翻訳のナチュスピ版です☆)

「自分の世界を押し付ける」って、ピッタリな言葉ですね!
どんな事柄も、精霊の、キリストの視覚を使ってみることができるのに、
私たちは「自分の世界」というヴェールをかぶせて、こちら側からゆがんだ世界を見ています。

果たしてそのヴェールは必要なのでしょうか。
この世界が私にとって安全で快適だったらどうでしょう。
「経験」みたいなもので曲げられた世界観を解放しても良いのではないでしょうか。

私も、まだまだ自分の世界を押し付けてばかりいます(汗)
それでも立ち止まって「あれ?こんな風に見なくてもいいんじゃない?」と気づくことができるようになりました。
瞬間的な怒りにまかせて、汚い言葉を口にすることもなくなりました(と思います)

この人生で悟りに至ることは無理かもしれませんが、
修正する方向が分かり、少しずつ毎日の普通の生活の中で修正しています。

毎日が同じことの繰り返しのようにも見えますが、
見えない場所では、私が赦したことによって経験不要な未来のシーンが削除されていきます。
それが分かったら、励みになるのに!とも思いますが、感じないもの、見えないものは私にとっては不要なものなのでしょう。
それが分かったら、そればかりを目指してしまう。
私の中では方向が微妙にズレてしまうことになるのかもしれません。

精霊の考えていることが、全部分からないのは仕方ない。
残念ですが、今日もゆったりとした気分で、赦しのレッスンを続けていきましょう。
私の世界が聖なるものの視覚を覆うことがありませんように。

***
おかげさまで108starは5周年を迎えました。
奇跡講座にもとづくヒーリング
ピースフルヒーリング 108star

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク