奇跡講座のワークブック。の296番目

バラ

今日は、「奇跡講座ワークブック 」は296。(リンク先は大内先生翻訳のナチュスピ版です☆)

話すことよりも、書く機会の方が多い私は、今日のレッスンを「語る=書き示す」だと解釈しています。
奇跡講座/コースを真剣に取り組むようになってから、書くことも変われば、ネット上で見るものも変化してきた気がしています。
ネガティブなサイトに近づかなくても良くなりました。

以前は有用な情報を求めて、かの巨大掲示板サイトを毎日覗き、そこで繰り広げられる罵り合いや悪口を「また始まった・・・」と横目でスルーしていました。
それに感情をあおられるわけでもなく、周期的にその場で起こる「いつものこと」。
見過ごし、赦すようにしていました。
今は、その掲示板に行く必要も感じなくなり、行かなくなりました。

そういう自分の変化を見ていて「心は、コントロールしないとダメなのだ。」と強く思います。
奇跡講座/コースにも(うろ覚えなので引用はできませんが)「コントロールされていない心は、何も成すことができない。」とありました。

日々、くじけずにコントロールしていくと(失敗は多いので、度々くじけそうになります)、悪癖も少しずつそれに合わせて収まってきます。
何もしないと、そこにとどまったままなのです。

私にとっての悪癖の一つであるソーシャルゲームを再プレイしたい!と思いました。
(私にとっては日常生活が崩壊してしまいそうになる悪癖です(汗))
精霊に「ちょっとくらい、その1つのイベント期間だけ戻ってもいいよね?」と聞きましたが、回答はNG。
それでも諦めきれなかったのですが、何回も自分を説得し、アクセスしないようにしました。
もちろん関連サイトもまったく見に行きませんでした。

そうやって、とことん自分でコントロールして、お目当てのイベント期間が始まって、ようやく誘惑が小さくなっていることに気が付きました。
執着は、1年間そのイベントを待ちつつゲームを続けていたというくらいの、最大の関心事でした。
待っても待ってもそれは来なかったし、精霊にはいつも「いい加減、ゲームやめたら?」と言われていたので、2月末にキッパリとゲームにはログインしないと決めて、ほぼその通り守ってきました。
その引退時も、今回のイベントがいつ来るかが気になっていましたが・・・(汗)

今回の件でそのゲームから、身も心もようやく引退することができたように思います。
精霊の話を聞かず、今回のみ戻っていたらどうなっていたのかは想像できませんが、奇跡講座/コースのレッスンも中断していたかもしれません。

私の場合はゲームでしたが、これはどんな悪癖にもあてはめることができることだと思います。
もう心を引っ張られないと思うと、すごく穏やかな気持ちになれました。
嬉しいです。
***
奇跡講座にもとづくヒーリング(6/1ヒーリング分~価格改定となります)
ピースフルヒーリング 108star

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク