奇跡講座のワークブック。の285番目

オダマキ/コロンバイン

今日は、「奇跡講座ワークブック 」は285。(リンク先は大内先生翻訳のナチュスピ版です☆)

「朝起きてからその日のレッスンを始めるのに、『~しつつ目覚める』とあるんです!」
と、以前レッスンに対する批判をしたことがありますが、
今日のレッスンは、別の意味での「目覚め」だと思うので気になりません~(笑)

こういうレッスンの時に
「そんな風に思い込んだって、現実は幸福なことも、不幸なことも来てしまう!」
という人もいらっしゃるかと思います。
この状態に至るには「選択」が伴っているのではないでしょうか。

選択時は、先月にご紹介した「考えない練習*小池 龍之介」がとても役立ちます。
本の中で「人は常により強い刺激を求め続けるようにできている」という内容の表記がありました。
つまり、穏やかな幸福よりも、刺激の強い不幸を求めてしまう。
ニュースでも、ほんわか幸せな話よりも、心がグッと惹きつけられるネガティブな話の方が求められがち。
テレビニュースは、その魅力で視聴者を惹きつけておきたいため、できるだけ強い刺激性のあるネガティブな話題をトップにもってきたりします。

テレビのように、次の話題が選択できないものは仕方がないかもしれませんが、
ネットでニュースを見る際には選択することができます。
ニュースだけでなく、前振りがあって、本文に誘導されるタイプの文章ならば、
前振りを見て、その先を見るかどうか選択することができます。

ネット上ならば、自分が気になるニュースというものが、どんなものなのか、
クリックする前に頭の中に捉えることができます。
いつも、「より刺激の強いもの」を選択してはいないでしょうか?
どういう感情が働いて、本文を読みたくなっているのでしょうか?

以前と比べ、頻度は減ってきましたが、
人や物事に対する批判を毎日のように覗いていたことがあります。
それも、自分が選択して見ているもの。
「それがそこにある」としても、私が覗かなければそれは存在しないのと同じです。

「あら~残念・・・」
と、自分の選択にがっくりする日もありますが、
まずは、自分の思考の動きをとらえることが大切です。
動きをとらえられるようになれば、次は選択=コントロールできるようになります。

ゆっくりと、この方向に向かって。
幸福なことだけを選択できるように、
今日も思考をみつめ、精霊に選択をゆだねてみましょう♪
***
奇跡講座にもとづくヒーリング
ピースフルヒーリング 108star

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク