奇跡講座のワークブック。の284番目

山吹

今日は、「奇跡講座ワークブック 」は284。(リンク先は大内先生翻訳のナチュスピ版です☆)

「最初は、ただ~」書かれている過程がまさしくそう、でした。
世間一般での真理の受け入れられ方として、ではなく、自分の中での受け入れられ方が、このまんま。

ほんとうに「次にかなりためらいながらも部分的に」受け入れ、でした。
今、全面的に真理として受け入れているのかは自分でもよくわかりませんが、
部分的にしぶしぶ受け入れる期間がありました。
そして今現在の、何に対してもそうなんだから、適応するのだっ!という期間に。

最終的に、自分の中で暴れずにおさまっているのは、
「奇跡講座/コース」が、最初から
真理は部分に適応されるのではなく、すべてに適応しているのだ
と、かたくなにその態度を変えないからだと思います。

「まぁ、いいよ、部分的に受け入れるっていう期間があってもー」というカンジの話は読んだことがありません。
いつも「すべてに適応、すべて受け入れなさい」なんです。
だから、私もあきらめずに、部分受け入れの期間を早く終わらせようと努力したのだと思います。

今は「凪」の時間で、また「嵐」が来るのでしょうけど、
大きな嵐にも、小さな嵐にも、鼻歌をうたいながら、淡々と天国を目指して歩みをすすめられますように。
関わって下さる兄弟たちにも光が降り注ぎますように。

***
奇跡講座にもとづくヒーリング
ピースフルヒーリング 108star

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク