奇跡講座のワークブック。の283番目

バラのつぼみ

今日は、「奇跡講座ワークブック 」は283。(リンク先は大内先生翻訳のナチュスピ版です☆)

偶像崇拝の禁止というと、イスラム教が浮かびます。
詳しくないので、語ることはできませんが、
神を形のないものとして大切にし、形に落とすことを禁じたイスラム教はスゴイなぁ~と思います。

今日のレッスンで言う「偶像」とは、この世界すべてを指しているのではないかと思っているので、少し違うかもしれません。
神の偽物をあがめる、ということだけではなく、この世界にあるもの全般をあがめる、ということをやめなさい、と書かれているのではないかと考えています。

何かをあがめる、ということは、何かに依存する、ということです。
そして、それと「特別な関係」を作っていく。
奇跡講座入門」でもわかりやすく解説されていましたが「特別な関係」に昇格すると、次はその対象との間で駆け引きが始まります。
自分の罪悪感を相手に投影したり、また、それに対して攻撃し、罪悪感を無意識ゾーンに積もらせる。
どこかで気づきがないと、悪循環のままとなるでしょう。

「特別な関係」の対象は、人だけではありません。
モノも対象になるし、国なんかも対象になります。
「奇跡講座/コース」では、ものごとや出来事の大小はまったく関係ない、とあります。
一つに当てはまるものは、すべてに当てはまります。
私も、かの国に自分の罪悪感を投影しつづけず、赦していく段階に入ったのかもしれません。

***
奇跡講座にもとづくヒーリング
ピースフルヒーリング 108star

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク