奇跡講座のワークブック。の268番目

なのはな

今日は、「奇跡講座ワークブック 」は268。(リンク先は大内先生翻訳のナチュスピ版です☆)

すべてのものを、あるがままにしておこう。

奇跡講座 ワークブック編 レッスン268 より

連日、対応に苦慮していた方との関係をようやく赦すことができました。

ワークブックのレッスンを適用したり、
「奇跡講座/コース」の根本的な考え方を実践する程度ではうまくいきませんでした。

ふと、ベッドサイドにあった読みかけの「天国から離れて」で、ヘレンとビルの関係は、
最初はうまくかに見えたけれども、その時が一番改善された時期だったことが分かりました。
それを改善しようと二人が一致団結したことで「奇跡講座/コース」が生まれたのですが、
ヘレンから見れば一生解決しない問題として残ったことを示していました。
また「不死というあなたの現実」では、赦しの一番のパートナーは著者ゲイリー氏の奥様だと話す部分も。

私一人がこんな身近な家族という低レベルでもがいているのかと思っていたので、
この二つの事実は私をホッとさせてくれました。

指示された通りにレッスンを学び続け、実践を続けていく限り、私たちは進歩していきます。形ではなく、内容に焦点を当てることが重要です。大切なのは、で きる限り注意深く指示に従うために、真摯な努力をするということであり、うまくいかなかった時に自分自身を裁かない、ということです。実際のところ、これ らのレッスンを行う目的は、レッスンをうまく行わなかった自分のそうした間違いを赦すことにあるとも言えます。それが、私たちが自分の創造主から分離して しまうという間違いを犯したことについて、自分自身を赦すという究極の赦しを反映するものとなるのです。

JACIM 奇跡講座の学び方 より

何回も同じ人との関係で困難におちいるので、自分はまったく進歩していないのかと思い、
今回は「奇跡講座/コース」そのものも辞めたくなりましたし、
そんな自分がイヤになって、自暴自棄に陥りそうにもなりました。

改めて目を通したJACIM奇跡講座の学び方に、とても励まされました。
「あぁ、失敗じゃないんだ。このまま続けていこう。今のままでも努力を続ければいいんだ。」と。

そう思った瞬間、不思議なことが起こりました。
相手の人を赦せたのです!(今回のところは(笑))

また、その人に対して
「どうして○○してくれなかったの?私をどこまで踏みにじるつもり?」と言いたかったのですが、精霊に毎回止められていたので、
「ちぇっ・・・でも言いたいなぁ、どうしてダメなの?」とも思い続けていました。

少しもやもやした状況の中、今日のレッスンがやってきました。
このタイミングでこれを学びなさい、ということは、やはり精霊が言うとおり、
とがめずにその人のしたいようにさせてあげなさい、
ということなんでしょうね。。。
***
奇跡講座にもとづくヒーリング
ピースフルヒーリング 108star

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク