奇跡講座のワークブック。の267番目

百合

今日は、「奇跡講座ワークブック 」は267。(リンク先は大内先生翻訳のナチュスピ版です☆)

今日のレッスンには「神の使者」という言葉が出てきます。
神の使者というと、やっぱりゲイリー・R・レナード氏の「神の使者」が浮かびます。
(今年新装版が出たので、リンク先はそちらに)

原題は「The Disappearance of the Universe」。
「宇宙の消滅」とでも訳せるのでしょうか。

日本でつけなおされたタイトル「神の使者」。
登場人物の二人のアセンティッドマスターをたとえて「神の使者」と言っているのでしょうね。
でも今日のレッスンを読めば、この邦題も結果的には合ってたんだなぁ~と驚きました。

私は神の使者であり、神の声に導かれ、神により愛の中で育まれ、永遠に静かに安らぎ、神の愛に満ちた腕(かいな)に抱かれている。

奇跡講座 ワークブック編 レッスン267 より

「宇宙の消滅」または類似の言葉では、出版が難しいと思われた時に、
タイトルを考えている人の上に精霊が降りてきて「神の使者」を授けたのかもしれませんね。

平安が胸(こころ)を満たし、私の全身に赦しという目的をみなぎらせる。

奇跡講座 ワークブック編 レッスン267 より

まだ努力中ですが、なんとか糸口が見えてきたかも!
今日もレッスンを続けていきます。
心の平安が多くの方に訪れますように。

***
奇跡講座にもとづくヒーリング
ピースフルヒーリング 108star

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク