肉体とは何か

チューリップ

今日は、「奇跡講座ワークブック 」を進めずに少し不十分だったレッスンを復習中。
261~270の冒頭にあり、毎日触れるようにとされている「肉体とは何か」について読んでいました。

肉体とは、神の子が自らの自己のいくつもの断片をそれぞれ切り離しておくために、自分で築いたと思い込んでいる囲いである。

奇跡講座 ワークブック編 第2部5 より

自分の心が平安に包まれている時は、この文章を読んでも
「そうだよ、そうだよね。」
と思えるのですが、心が揺さぶられた時に、これを同じ気分で読めないのは不思議です。

そんな不安定な時は、
「あんな人と同じ一つのかたまりだなんて信じられない!
絶対に自己は一つではなく、最初からいくつも分裂していたと思う!
とにかくあの人と私が同じだとは思えないし、
同じだと考えることすら気持ち悪い!」
ほんと、不思議です。

だけどこういう時こそ赦しのチャンス!
くやしくても(勝ち負けも存在しないので、くやしがる必要もないのですが)、
精霊に助けを求めて、真理を自分にとくとくと語り聞かせるしかありません(汗)

すべてこの世界は幻想ですから、
大ショックなことが起ころうと、10分くらいでなんとか怒りが収まることが起ころうと、
その2つの間には何も違いはなく、すべて同じ真理を適用できるのです。

これには適用できるけど、これには適用できない。
あの人は赦せるけど、この人は赦せない。

たとえ適用できない部分が1%のわずかであったとしても、
それはできていないことになります。
分け隔てなく、様々な事柄に真理を当てはめ、赦し続けることが必要なのです。

***
奇跡講座にもとづくヒーリング
ピースフルヒーリング 108star

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク