奇跡講座のワークブック。の256番目

大島桜

大島桜

今日は、「奇跡講座ワークブック 」は256。(リンク先は大内先生翻訳のナチュスピ版です☆)

神への道はこの世では赦しを経由する。それ以外に道はない。

奇跡講座 ワークブック編 レッスン256 より

バッサリと「それ以外に道はない」とありますが、
神の使者」でも(確か・・・)言われているように、それ以外の道もあるかと思います。
ただ、それ以外の方法は時間がかかるようです。

私は「奇跡講座/奇跡のコース」に納得して取り組んでいますが、「やっぱり違うよ!」という方は他の道を探した方がベター。
違うな、と感じて、次に批判に進んでも、自分にとって良いことはありません。

日常でも同じように選択しています。
赦し以外に道はないので、まずは赦してみます。
とにかくトライ。

それでも無理な時ってあります。
私は過度な香水のにおいで喉が痛くなります。
最初は赦します。
それでも赦せてないのか、においが遠ざからないことも多々あります。(当然)
その時は自分が移動して、においの届かない場所に行きます。

「この人、香水きつーい!どこか行ってよ!」と眉間にシワを寄せて、
その人の近くに居続けることはやっぱりおかしい!
その人が後からやってきたとしても。
(よく私の自我は先に来た権利みたいなものを主張します(汗))

移動した先で、また自我が「あの人のせいで移動させられた」なんて主張しはじめたら、
そこでまた「あの人」を赦せばいいのです。

***
奇跡講座にもとづくヒーリング
ピースフルヒーリング 108star

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク