奇跡講座のワークブック。の249番目

十月桜

十月桜

今日は、「奇跡講座ワークブック 」は249。(リンク先は大内先生翻訳のナチュスピ版です☆)

赦しが描き出す世界では、苦しみは終わり、損失は不可能となり、怒りは意味をなさない。攻撃は過ぎ去り、狂気には終わりがくる。そのとき、どのような苦しみがありえるだろう。

奇跡講座 ワークブック編 レッスン249 より

なんて素敵な世界なんだろう、
奇跡講座にこういうフレーズが出てくるたびに思います。

最近、ようやくわかったのは(遅いっ!)
奇跡講座ワークブック 」は365レッスン、1日1レッスンしか進められない。

頑張れば365日=1年で終了するのですが、それは大げさに言えば「読書が終了した」だけなんです。
普通の人ならば、この読んだものをその後の生涯かけて、ゆっくり自分の中に落とし込む=日々の生活に適用していく作業が始まります

だから、1周目で「今日のレッスンが上手くできない・・・」としょげたりしなくてOK!
そのレッスンを1週間も10日も【できるまでやらなくていい!】んです。

以前は、レッスンに「今日は遂にやってきた歓喜の日となる」みたいなことが書かれていると
「はぁ・・・さっぱり、そうはならないんですが?」
と、思っていましたが、ならなくて普通。(もちろんなったら素晴らしいです☆)

次のレッスンに進んで、その前のレッスン内容はぼんやりと覚えていつつも、
できなかった感は手放して、進むことが大切なのです。

このレッスン365個すべてが本当の意味で学習終了になった時、
天国が、この赦しが描き出す世界が、目の前に広がるんでしょうね♪

長い道のりですが、何万回も転生してきたのであれば、この一生すら一瞬。
この一瞬に「奇跡講座」と出会えたことを、まず喜びましょう!

***
奇跡講座にもとづくヒーリング
ピースフルヒーリング 108star

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク