「奇跡講座/ワークブック編」予約受付開始☆

「A Course in Miracles(ACIM)」は、現在2つの出版社・翻訳者によって翻訳出版作業が進められています。

1. ナチュラルスピリット社/大内博訳
2. 中央アート出版/加藤三代子、澤井美子訳

私の解釈では、
○原書の著作権がないとみなされ、どこからでも翻訳出版可能。
○一時期はケネス・ワプニク博士の下で大内さんが日本語版翻訳者として選ばれ、翻訳作業をしていた。(最終的には加藤さんたちに決定している)
・・・という経緯から、日本語版出版は2手に分かれています。

1.のナチュスピ/大内さん側からは、昨年冬に「奇跡のコース 第1巻/テキスト ―A COURSE IN MIRACLES Vol.1/TEXT―」が出版されました。
2.の中央アート/加藤さん側からは、今年夏に「奇跡講座入門―講話とQ&A(ワプニクさんの解説書)」が出版されました。

どちらの出版社からも今年の冬に「ワークブック編」が出版される予定です。
「ACIM」は【テキスト】【ワークブック】【講師のためのマニュアル】から成っているものです。

1.のナチュスピ/大内さん側では、今年の1/1~ブログ先行で翻訳公開が行われていますが、まだワークブック自体の予約開始はされていません。
『奇跡のコース』ワークブック 365日

2.の中央アート/加藤さん側では、ワークブックのホームページ先行予約が始まりました☆
『奇跡講座 / ワークブック編』 – 特典のお知らせ

きっと、この予約開始を受けて、ナチュスピ側もがんばると思います(笑)
私は大内さんの平易な訳によって、テキストを読むことが楽になったと感じましたし、今もテキストは大内さん訳を愛用しています。

が、コースの中にあるように「結果を変えるには原因を正す」ことを目標とすべく、「ACIM」初版出版に深く関わり、現在の唯一の生存者となるケネス・ワプニク博士が翻訳チェックをしている中央アート/加藤さん訳を今後は自分の中心としていく予定です。

どっちでも好きな方を選べばいいと思うけど「ACIM」関係のお知らせとして載せておきます☆
ちなみに私の現在の状況は、ワークブック翻訳出版される頃、ワークブック1回目が終わる予定です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク